キャッシングの審査に通るためのポイントを紹介します

キャッシングの審査に通るために必要なポイントをご紹介

キャッシングの審査に通りたい

 

キャッシングサービスを利用して融資を受けるには、消費者金融会社の審査に通る必要があります。

 

このページでは、審査で可決になるために知っておくべき知識をお伝えしていきます。

 

消費者金融会社は、どのような内容の審査を行うのか?また、審査に通らない場合はどのような原因があるのか?

 

そして、通るためにはどうするべきかを解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

1.審査時にチェックする項目と審査基準は?

キャッシングの審査でチェックする項目

 

近年無担保型のフリーローン商品は、スピード審査に対応している所が増えています。

 

中には、わずか30分で審査が完了する消費者金融も少なくありません。

 

各キャッシングサービスの審査は、仮審査本審査の2つのステップに分かれており、特に仮審査はシステム化されて速やかに行われます。

 

審査としては、主に5つの工程が存在します。それぞれの審査内容を紹介いたします。

 

仮審査における審査内容

仮審査では、「スコアリングシステムの実施」「個人信用情報の調査」の2つを行います。

 

スコアリングシステムの実施

スコアリングシステムとは、融資申込者が記載した、年収や勤務先などの各項目を点数化。点数の合計点で、返済能力がある申込者か否かの判断を行う仕組みです。

 

各消費者金融会社によって、スコアリングの算出方法は多少異なりますが、属性を全て数値化することで、スピーディーに審査をすることが可能になります。

 

目安として表を作成していますので、ご参考にしてください。

 

各属性の評価別内容
属性 高評価 並評価 低評価 評価外
勤務先

公務員
大企業

中小企業

自営業
パート
アルバイト

無職

健康保険

共済保険
組合保険

社会保険 国民健康保険 -
勤続年数

10年以上
5〜10年未満

1年〜5年未満 6か月〜1年未満 6か月未満
年収 400万円以上 200〜400万円未満 200万円未満
居住形態 持家 社宅、賃貸など 公営住宅
居住年数

10年以上
5〜10年未満

3〜5年未満 1〜3年未満 1年未満
家族構成

独身&家族同居
既婚&同居&子無

既婚&同居&子有
既婚&別居&子無

独身&家族別居
連絡先 自宅&携帯 自宅のみ 携帯のみ なし
他社借入件数 借り入れなし

借り入れなし
借入履歴なし

他社4件以上
借り入れあり

 

低評価以下となると、消費者金融によっては「否決」または、可決になったとしても「融資額が減額」される可能性が出てきます。

 

また上記の表で注目していただきたいのが、「他社借入件数」の欄に「借入履歴なし」が低評価として入っている点です。

 

キャッシングを利用して、延滞せずに返済することで、高評価を得られるという事を知っておきましょう。

 

個人信用情報の調査

個人信用情報とは、キャッシングサービスやローン、クレジットカードの個々人の取引履歴のことです。

 

「どの会社のローンを利用したか?」「返済期日を守れたか?」など、金融機関の取引状況がデータベース化され、各金融会社が把握できるようになっているのです。

 

消費者金融会社は、個人信用情報のデータを確認して、「過去に金融事故を起こしていなかったか」をチェックします。

 

程度にもよりますが、過去に延滞や債務整理などの記録がある場合、「ブラック」と呼ばれて、否決になる可能性が高くなります。

 

個人信用情報において「ブラック」となる行為
延滞 返済期日が守れなかった。2〜3ヶ月以上の滞納で記録されるのが一般的です。
債務整理 破産・任意整理・個人再生・特定調停などの経歴がある場合。
強制解約 延滞が長期に渡ったため、金融機関から強制的に契約を打ち切られることです。
代位弁済 利用者が長期延滞に陥り、保証会社が残りの返済額を代わりに支払うことです。


いったんブラックとなった場合、最長で10年ほど記録としてデータベースに残ります。

 

ブラック扱いになっている間は、当然融資が受けずらい状況となります。一度融資を受けた後は、期日通りに返済することを徹底しましょう。

 

アルコシステムのように、中には過去に金融事故がある人でも柔軟に審査をしてくれる会社もあります。

 

本審査

仮審査を通過した人を対象に、より詳細な審査を行います。

 

最初の申込み時に記載した内容に虚偽がなければ、そのまま可決になる可能性が高いです。

 

属性の詳細確認

消費者金融会社のスタッフが仮審査通過者に連絡し、審査対象となる各属性についてより細かなヒアリングを行います。

 

特に以下の点について細かく聞かれることになります。

 

  • 年収
  • 勤続年数
  • 居住形態
  • 固定電話の有無
  • 役職の有無
  • 他社の借入れ・返済状況

 

ヒアリング結果を基に、消費者金融会社が「審査対象者の返済能力の有無」を最終的に判断します。

 

書類審査

仮審査を通過したら、次に書類の提出を求められます。

 

消費者金融会社は提出された書類をチェックして、申込み時に記載した内容に虚偽がないかどうか確認します。

 

会社や商品メニューによって、提出する書類の内容は多少変わってきますが、一般的には本人確認書類収入証明書の提出を求められます。

 

ただし、収入証明書については、借入希望額が50万円以上の場合のみ提出が義務付けられています。

 

提出書類リスト
本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民票 などのいずれか
収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細(直近2カ月分+賞与1回分)
  • 所得証明書
  • 課税証明書 などのいずれか

 

在籍確認

在籍確認とは、融資申込者が記載した勤務先に本当に在籍をしているかどうかを、消費者金融会社が確認する行為のこと。

 

具体的には、消費者金融会社のスタッフが、申込者が記載した勤務先に直接電話をして、当人の在籍を確認します。

 

記載内容が虚偽で、実際には働いていなかったとなると、返済能力に大きな影響を及ぼします。

 

在籍確認は本審査の最後に行われるのですが、消費者金融会社にとって非常に重要な作業となっています。

 

さてここまで読んだ方の中には、「消費者金融会社からの電話を、社内の別の人が取ってしまうと、自分がお金を借りようとしていることがバレてしまうのでは?」と懸念を持たれる方もいらっしゃることでしょう。

 

しかしながら心配はいりません。各消費者金融会社は、利用者のプライバシー保護を最優先に営業しています。

 

具体的には、以下2点を順守しています。

 

  • 電話で名乗る時は、消費者金融の社名を名乗らず、「山本」など個人名を名乗る
  • 電話番号非通知で電話をかけるため、着信元の電話番号は表示されない

 

 

以上の過程を経て、全ての項目をクリアしていけば、最終的に可決と判断されて融資を受けられることになります。

2.審査に通らない理由まとめ

審査で否決になる

 

審査内容、流れをご紹介しました。「どのような基準で可決・否決のジャッジが下されるのか」大まかな把握ができたことと思います。

 

それでは次に、「審査に否決となってしまった場合、どのような要因で否決になったのか」をリストアップしていきます。

 

審査落ちにならないように、各要因の内容と対策を確認しましょう。

 

4社以上に既に借入れを行っている

消費者金融会社が、借入れ件数が多い人を敬遠する理由。それは、借り入れ件数が増えると返済負担が増し、多重債務状態に陥るリスクが出てくるためです。

 

とくに大手消費者金融(テレビCMを流しているレベル)の場合、審査が否決になる可能性が高いです。中には、3社を目安にしている消費者金融もあります。

 

一方中小規模の消費者金融の場合は、5社まで許容範囲としている所もあります。

 

自分の借入れ状況に沿って、融資を依頼するキャッシングサービスを選ぶと良いでしょう。

 

同じ日に4件以上の申込みをしている

個人信用情報においては、キャッシングサービスの申込み履歴も記録されています。

 

そして同じ日に4件以上申込みをした記録がある場合、審査落ちとなる可能性が高いです。

 

1日に多くの消費者金融会社に申込みをしているということは、よほどお金に困っており、本当に返済能力があるのか疑わしいと判断されてしまうからです。

 

原則として、キャッシングサービスを申込むのであれば1日2社までにするべきです。

 

そして2社とも否決になってしまったら、数日空けてから他の会社に申込むようにしましょう。

 

他社の借入額が合計で年収の3分の1以上

個人が消費者金融で借りられる額は、「年収の3分の1まで」と法律(総量規制)で決まっています。

 

そのため融資の申込み時に、すでに他社のキャッシングサービスから年収の3分の1の額を借りていた場合、審査は否決になります。

 

もちろん他社の借入れの状況は、個人信用情報のデータベースに記録されているため、隠すことはできません。

 

過去に滞納履歴などがあり、個人信用情報でブラック指定されている

すでにお伝えした通り、金融事故によりブラックとして個人信用情報のデータに記録されていたらアウト。

 

記録が消えるまで待たなければいけません。

 

アルコシステムのように、中には過去に金融事故がある人でも柔軟に審査をしてくれる会社もあります。

 

融資資格の条件から外れている

無担保型フリーローンの場合、多くのキャッシングサービスは「20歳以上で安定した収入のある方」という申込資格を設けています。

 

よって年齢が未成年だったり、無職の方などは審査に通ることができません。

 

経歴を詐称している

消費者金融に申込みを行う際、年収や勤務先、他社借入れ状況などを記入する必要があります。

 

もし記入時に、審査が通りたいからと虚偽の記載をした場合、高確率でバレてしまうので注意しましょう。

 

仮審査を通過しても、本審査で書類審査、在籍確認、電話による細かい属性調査が待ち受けています。

 

勤続年数が半年未満である

キャッシングの審査に通るには、最低半年以上同じ職場に勤務する必要があります。

 

勤続年数が長いということは、その職場に定着している証拠であり、今後も同じ職場で働き続ける可能性が高い(=返済能力がある)と判断されるためです。

 

キャッシングを利用する際は、半年以上、出来れば1年以上同じ職場に勤務している状態で申込みをするべきです。

 

生活の支出状況が不自然である

たとえば「年収額に対して家賃が不自然に高い」など、今後の返済能力に疑問符がつく生活をしている場合、本審査のヒアリング時に否決と判断される可能性があります。

 

もちろん消費者金融会社によって判断の基準は異なりますが、年収における家賃の割合が35%を超えてくると、審査に影響をおよぼすようになっていきます。

 

 

今現在、すぐにキャッシングサービスの利用を考えていない方も、今後のもしもの時に備えて、審査に通りやすい環境を整えておく必要があります。

3.審査に通るための3つのコツ

キャッシングの審査に可決するコツ

 

ここまで読んでいただいた方は、審査に通るためにどのようなポイントに注意をすればよいか、おわかりいただけたことと思います。

 

最後に審査に通りやすくなる3つのヒントを追加でお伝えいたします。

 

状況に応じて、通りやすいキャッシングサービスを選ぶ

ひとくちに消費者金融会社といっても、大手と中小だけでも審査基準が大きく異なる点はご理解いただけたことでしょう。

 

たとえば過去に金融事故がありブラックになっていたり、スコアリングが低い方であれば、中小の消費者金融に融資依頼を行った方が、審査に通る確率は高まります。

 

中小規模のキャッシングサービスであれば、ブラックだった方でも、状況次第では融資を行ったケースも実際にあります。

 

優良な無担保型フリーローンの一覧をまとめた記事を作成していますので、自分に適したキャッシングサービス選びの参考にしてみてください。

 

【参考記事】「無担保型フリーローン」のおすすめ会社を徹底比較!

 

最初に借入れ・完済をして、実績を作っておく

意外に思われる方がいるかもしれませんが、キャッシング実績のない人とある人とでは、実績がある人の方が評価は高くなります

 

もちろん、期日通りに返済を行い、完済しているという前提条件が付きます。

 

そのため、最初に確実に返済できる額の借入れをして、完済させて実績を作っておくと、次の審査から有利に働きます。

 

「実績作りのために金利を支払うのは馬鹿らしい」と感じる方もいらっしゃると思うので、その場合は「初回利用時は無利息で借りられる」サービスを利用するとよいでしょう。

 

【参考記事】無利息キャンペーンがある消費者金融をご紹介!

 

他社に借入れがあれば、「おまとめローン」の利用もアリ

すでに他社に借入れがあり、返済中ということであれば、返済額によっては審査が通りにくいことも考えられます。

 

一番良いのは融資申込をする前に、できるだけ清算をすませておくのがベスト。ただし、難しい場合もあるでしょう。

 

そのような方は、「おまとめローン(借り換えローン)」を利用しみるという方法もあります。

 

おまとめローンとは、他社で借りている額の残債を1つの消費者金融会社にまとめる商品。

 

まとめ先の会社の金利が、借りていた他社の金利より低ければ、おまとめローンを利用後に、返済額を抑えられる可能性があります。

 

おまとめローンの仕組み(アロー公式ホームページより)

おまとめローンの仕組み

 

返済を一つにまとめてスッキリさせ、清算をすすめておきたいという方は検討してみてください。

 

【参考記事】おまとめローン利用時に知っておくべき事と各社の商品を比較

4.まとめ

消費者金融会社の審査をクリアし、融資を受けるためのポイントについて理解を深めることができたのではないでしょうか?

 

もちろん、ベストな条件で申込むことが難しいケースもあることでしょう。

 

その場合は、最大限状況を整えたうえで、最適な消費者金融会社選びを行うことで解決できることもあります。

 

そして何よりも、無理な額の借り入れを行わないこと。

 

確実に返済できる額の融資を受け、期日通りに返済することを繰り返す。当たり前のことを繰り返せば評価は確実に高まり、審査もさらに通りやすくなっていきます。

 

キャッシングは、正しい使い方をすれば非常に便利なサービスです。ルールを順守して、うまく活用してみましょう。

 

よく読まれる人気記事

 

スポンサーリンク

先月のご利用者数ランキング

アイフル 初回は最大30日間無利息で融資
【種類】無担保型フリーローン 
【対応エリア】全国
【実質年率】3.0%〜18.0%
【利用限度額】1千円〜800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は1万円〜

 

CMでもお馴染みの大手老舗キャッシングサービス。

申込みから最短30分で審査を実施。審査後は1時間で融資実行と非常にスピーディー。

初回利用者は、契約から30日間無利息で融資を受けられます。

詳細ページへのボタン
公式サイトへのボタン

日宝 不動産担保ローンで30年以上の信頼と実績
日宝のLP 【種類】不動産担保ローン 
【対応エリア】全国
【実質年率】4.0%〜9.9%
【利用限度額】50万円〜5億円

 

昭和55年創業の老舗。ネット申込みで全国どこでも融資を実施します。

不動産を担保に最大5億円までの借入れが可能。返済期間も最長30年と長期返済を行えます。

金利も安いので、「借り換えローン」「おまとめローン」としても有効です。

詳細ページへのボタン
公式サイトへのボタン

SMBCモビット SMBCモビットは2018年オリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました
【種類】無担保型フリーローン 
【対応エリア】全国
【実質年率】3.0%〜18.0%
【利用限度額】1万円〜800万円

 

SMBCグループのSMBCモビットで信頼性は業界随一。初心者でも安心です。

「WEB完結申込」では電話・メールのやりとりなしで、借り入れが可能。利便性に優れています。

SMBCモビットは2018年オリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました。

詳細ページへのボタン
公式サイトへのボタン

プラン 最短即日融資で月2千円からの返済も可能
プランのLP 【種類】無担保型フリーローン 
【対応エリア】全国
【実質年率】15.0%〜20.0%
【利用限度額】1万円〜50万円

 

大阪に店舗がありますが、インターネットから全国どこからでも24時間申込めます。

全国のセブンイレブンから契約書類を受け取ることが出来、スピーディーに対応。

10万円までの借入れの場合、最小で毎月2,000円から返済が可能となっています。

詳細ページへのボタン
公式サイトへのボタン

イー・キャンパス 学生向けの低金利に加え、キャンペーンも充実
イー・キャンパスのLP 【種類】学生ローン 
【対応エリア】全国
【実質年率】14.5%〜16.5%
【利用限度額】1万円〜50万円

 

学生専門のキャッシングサービスとして20年以上の歴史。東京高田馬場に店舗を構え、24時間全国どこからでも申込みができます。

午前中までに申込みをしておけば、当日中の融資も可能。

学生向けに低金利で融資を行っているのに加え、「ご当地巡りキャンペーン」「お友達紹介キャンペーン」など各種キャンペーンが充実しています。

詳細ページへのボタン
公式サイトへのボタン


スポンサーリンク