キャッシングのアローについて評判や審査、増額などを解説

口コミや融資方法などキャッシングのアローの全てを解説!

1.アロー3つの特徴

アローは名古屋市に本社をもつキャッシングサービス。15年以上の営業実績があります。

 

来店不要!インターネットで全国どこからでも申込み

アローは店舗を持たない無店舗型のサービス。利用時に来店する必要がありません。

 

申込みはインターネットから行うことになり、全国どこからでも融資を受けられます。

 

また時間についても24時間いつでも申込みが可能。

 

利用したい時に、パソコンやスマホ・携帯電話から簡単に申込める手軽さが評判のサービスです。

 

最短45分の審査で即日融資も可能

アローのフリープラン

 

用途自由の「フリープラン」の場合、審査時間は最短で45分。業界でもトップレベルのスピードといえます。

 

そのため申込んだその日に借入れを行うことも可能。急ぎでお金が必要な人にとっては、最適なサービスといえますね。

 

ただし15時以降になると、銀行の営業時間が終了してしまいます。

 

当日中の融資を希望するのであれば、午前中までに申込みを済ませておきましょう。

 

登録後は会員マイページが利用出来る

アローを最初に利用して審査に通ると、「会員マイページ」が利用出来るようになります。

 

会員マイページからは、以下のサービスを受けられます。

 

  • 追加融資の申込み
  • 取引情報の確認(直近3カ月分のご融資明細の閲覧)

 

初回融資後の返済期日をしっかり守り、年収等で大きなマイナス要因となる変動がなければ、再度借入れを行うことも可能です。

 

「引き続きキャッシングサービスを使いたい」という方にとって、安心して利用出来る体制が整えられています。

 

アローの基本情報
サービス名 アロー
企業名 株式会社アロー
設立 平成12年11月6日
登録番号 愛知県知事(3)第04195号
所属協会 日本貸金業協会会員 第005786号
本社所在地 名古屋市中川区高畑二丁目144番地
電話番号 052-353-9900
FAX番号 052-353-9911
営業時間 平日 9:30 〜 18:00

※ネット申込は24時間対応

審査時間 最短45分
CD・ATM数 なし(オンラインのみ)
申込資格 20〜65歳で安定した収入のある人(健康保険未加入者は不可)
保証人 原則不要(借換え対象債務以上の担保・保証人設定はありません)
担保 不要
保証会社 -
借入方法 口座振込
返済方法 口座振込

 

アローの公式サイトを見る

2.「フリープラン」と「借換ローン」の商品詳細

アローには「フリープラン」「借換ローン」の2つの商品があります。

 

フリープラン

無担保で借りることの出来る、使途自由なローンです。

 

商品概要

融資額 最大200万円まで
年利 実質年率15.00%〜19.94%
遅延利率 19.94%
返済期間 最長10年以内(1〜120回)
返済方法 ・残高スライドリボルビング(5年60回)

・元利均等返済(10年120回)

必要書類 ・身分証(免許証・保険証など)

・年収確認書類(源泉徴収票
・給料明細2ヵ月分など)

 

【参考記事】「無担保型フリーローン」のおすすめ会社を徹底比較!

 

貸金業法に基づく借換ローン

いわゆるおまとめローン。複数の金融会社に借りているローンをひとつにまとめ、毎月の返済額・利息を減らすプランです。

 

この場合「貸金業者(みなし貸金業者を含む)」からの借換債務が対象となり、銀行やクレジットカードのショッピングでの借入れは対象外となります。

 

アローのおまとめローンの仕組み

 

商品概要

融資額 最大200万円まで
年利 実質年率15.00%〜19.94%
遅延利率 19.94%
返済期間 最長10年以内(1〜120回)
返済方法 元利均等返済(10年120回)
必要書類 ・身分証(免許証・保険証など)

・年収確認書類(源泉徴収票・給料明細2ヵ月分など)

 

【参考記事】おまとめローン利用時に知っておくべき事と各社の比較

 

アローの公式サイトを見る

 

スポンサーリンク

3.申込みから融資までの流れ

アローに申込みを行い、融資を受けるまでの流れとポイントをわかりやすく丁寧にお伝えします。

 

ステップ1公式サイトよりローンの申込み
※365日24時間受付

↓↓

ステップ21次審査
属性(申込みフォームに入力する内容)と指定信用情報機関の内容での審査
※メールで審査結果を通達
※審査は最短45分ですが、実際は3時間かかったり1日以上かかったりと混み具合により変化する模様
※審査に通らなかった場合の連絡は基本的にありません

↓↓

ステップ32次審査
本人確認、在籍確認、生活状況や他社借入状況などの詳細確認
※ヒアリングが行われ、借入状況や生活状況について聞かれます
※審査が通れば融資決定

↓↓

ステップ4
1〜200万円(借入総額が年収の3分の1以内の範囲)の額を融資

4.審査と追加融資について

アローの審査について

アローは独自の審査基準を掲げており、過去に自己破産・債務整理された方でも相談可能としています。

 

アローが中小規模のキャッシング会社だからこそ、柔軟に対応出来るということでしょう。

 

申込者と向き合い、状況をヒアリング。きめ細か審査をしたうえで、大手金融会社では通らなかった場合でも総合的に判断してくれるのです。

 

ただしもちろん「ブラックでも全て審査が通る」というわけではありません。

 

アローは否決となる条件として次の点を挙げています。申込み前に確認しておきましょう。

 

  • 未成年及び66歳以上の方
  • 健康保険未加入の方
  • 無職の方
  • 現在、他社のご返済が遅れている方
  • 自営業者の方で確定申告等年収証明が提出できない方

 

追加融資について

アローを一度利用した方は、限度額増額・再利用の申込みを行うことが出来ます。

 

その場合公式ホームページにある「会員マイページ」「利用限度額増額・再利用のお申込み」から申込みを行うことになります。

 

キャッシングアローのマイページ

 

追加融資の場合、一度審査が通ったということもあり、基本的に審査通過率はグッと高くなります。但し、次のような点があった場合は審査結果は厳しくなります。

 

  • 返済時に著しい延滞が発生している
  • 総量規制を超える額の申込みをしている
  • 収入が大幅に減少した

 

それ以外の点で特に問題がなければ、審査時間はさほどかかりません。

 

また審査が落ちた場合は、そのまま連絡がないのが一般的です。

 

アローの公式サイトを見る

5.総量規制と枠内融資について

総量規制とは、個人の借入総額が原則年収等の3分の1までに制限される法律のこと。

 

たとえば年収300万円の人は、100万円までしかお金を借りることが出来ません。

 

また総量規制の対象となっているのは、「個人向け貸付け」のみとなっており、法人向けには適用されません。

 

総量規制の対象になっているのは、下記の3つの業種であり、消費者金融であるアローは当然、規制対象となります

 

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • クレジット会社

 

総量規制は、利用者が無理な借入れをして破産しないようにするための措置。借入れ可能な額まで借りられる、「枠内融資」ということになります。

 

ただし総量規制には例外があります。それは、「貸金業法に基づく借換ローン(おまとめローン)」の場合です。

 

他社の借入れを返済する場合であれば、「総量規制」の適用を受けません。

 

利用者側の救済を第一に考えて作られた法律ですので、利用者のメリットになれば規制は撤廃されるのです。

 

すでに他社から借入れを行っており、返済額を減らしたいという方は、借り換えローンとして申込みをしてみましょう。

 

アローの公式サイトを見る

6.アローの評判や体験談の口コミ

アローの口コミ・評判

 

アローのよい口コミ

5 年前に自己破産、他社 1 件 15万、正社員 5 年で社保、年収 520で枠 99 万で借入 20 万円を可決しました。

 

翌日、電話連絡あり振り込みありました。

 

アローのスピードと即日融資のレスポンスは個人的には驚きの一言です!
※一般サイトより

事故歴はないけど、他からの借り入れ件数が多く、色々申し込むも全て駄目で半ば諦めていました。

 

ダメ元で「おまとめローン」を申し込み。

 

次の日に連絡が来なかったが、祝日挟み連絡があり他社の 4 件 80 万円をアローさんで一本化して貰い、複数あった返済日が非常に楽になりました。
※一般サイトより

すごく感じが良く丁寧な対応でした。嘘じゃありません。

 

俺の場合属性が悪いので審査45分というわけにはいかなかったけど笑その日の夕方メールきて、次の日免許証、保険証、源泉をファックスしたら午前中に電話がきてちょっとしたことを聞かれ夕方可決の電話いただきました!

 

フクホーなんか時間の無駄だから絶対アローさんをおすすめします。ランキングでフクホーより上位にきておかしくないはず。てかフクホーは最下位だと思うが笑
※一般サイトより

申込みから翌々日に連絡ありました。いろいろ聞かれ、過去に債務整理した事や申込みブラックになってしまった事を正直に話したら親身になって聞いてくれて、電話の対応は良いです。

 

可決というか微妙だったのが、初回2万融資するにあたって1週間か10日後に元金の倍の利息(信用問題、手数料)を一括で支払ってくれれば今後の利息や枠や借入周期を伸ばしたり考慮するとの事。

 

悩んだ末断りましたが、自己破産者や他で借金断られた人で、近々まとまったお金が入る見込みのある人は借入可能かと思います。対応は良かったので「良い」の評価。
※一般サイトより

今は債務整理中で、来年の夏に完済予定です。

 

8月のお盆に沖縄に行くことになり、家族4人分のホテル代として15万円が必要になりました。希望額は20万円。その前にフタバで断られていたので、正直駄目かなと思っていました。

 

一次審査に通過して、必要書類をメールで送付。その後二次審査で確認の電話が。とても丁寧な対応で安心しました。

 

結果的に20万円を融資して頂けることになり、本当に助かっています。

 

現在は金曜日の夕方。そのため、週明け月曜日の振込みとのことでとてもスピーディーです。ありがとうございました。
※一般サイトより

アルコシステムの悪い口コミ

色々と(担当者?)聞かれたけど、結局、審査に通らず借りれませんでした。
本当に言うほど甘い?
※一般サイトより

債務整理の後に融資をしてもらい助かりました。

 

しかし、転職をしたら枠内融資が出来なくなります。完済後、次に使うことはないでしょう。
※一般サイトより

月曜日にアローさんに申込み、本人確認後に証明書をFAXして在籍など済ませ2日後に書類が届いて、直ぐに返送して4日目で振り込まれた。

 

なんとか無事に融資されたし、過去に債務整理歴があるからしょうがないけど、希望としては必要書類を送る前に振込みをしてくれると、もう少し評価が上がっていたかな。
※一般サイトより

貸金業法では、その人の収入の3分の1を超える金額を貸してはいけないことになっています。

 

例えば、あなたの収入が300万円あったとしてプロミスに60万円、アコムに40万円借金がある場合、既に借金が収入の3分の1(100万円)に達しているのでこれ以上の借金は、どこの消費者金融に行こうとも借りることはできません。(ヤミ金は別です)

 

ただし、一部例外があって、このプロミスの60万円とアコムの40万円をまとめて借り換える、例えばアローで低金利で100万円借りて、プロミスとアコムは完済する、そのように顧客の返済負担を減らせる借り換えは法律でも認められています。

 

また、もう一つの例外として、病院の医療費が緊急に必要になった場合など、例外的に10万円まで貸すことが認められています。

 

あなたが提示したホームページも、よく読めばわかりますが、この原則を踏まえて記載されていますので、審査が甘いにしても、過度な期待はしないほうが良いですよ。
QAサイトより

 

▼アローの融資申込はこちら

7.アローはヤミ金?取り立ては?

アローという金融会社はあまり有名ではなく、そのため「ひょっとして闇金なのでは?」なんて思う方がいるかもしれません。

 

闇金となると、ウシジマくんばりに高金利をふっかけられ、激しい取り立てが…など恐怖を覚えることもあるでしょう。

 

しかしながらアローは、決して闇金業者ではありません。

 

その証拠を2点お伝えいたしましょう。

 

登録貸金業者として金融庁に登録されている

下の図のように、登録貸金業者情報検索入力ページでもしっかりと出てきており、住所や商号も掲載されているものと相違ありません。

 

金融庁の貸金業登録は、ヤミ金融対策法成立以降非常に厳格な基準を設けています。よって、登録されているということは、信頼の証の一つとなっています。

 

金融庁に登録されているアロー

 

日本貸金業協会に加盟している

アローは、日本貸金業協会の加盟業者です。

 

日本貸金業協会とは、貸金業法に基づく貸金業界の自主規制機関であり、協会のシンボルマークは「安心・信頼の目印」となっています。

 

協会の厳しい監督の元営業を行っていますので、闇金業者のような無理な貸付は出来ない仕組みです。

 

また取り立てについても、加盟している会社に対して「取立て行為に関する規則」を設定。

 

日本貸金業協会のページでは、次のように書かれてあります。

 

債権の取立てに際して、法に定める「威迫」及び「その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動」に該当する恐れがないよう、取立て行為に関する規則を定めています。

 

実際は、電話や手紙での催促が中心になっているのが現状です。

 

【参考記事】取り立ての実態を知る

 

それでも金融犯罪には要注意

それでもキャッシング会社からお金を借りる時は、十分な注意が必要です。

 

なぜなら、同じサービス名でありながら、その実態は闇金業者がサービス名を偽っているというケースもあるからです。

 

実際、アローは2013年の9月に以下のような警告文を公式ホームページに掲載しています。

 

当社名称及び当社担当者を名乗る詐欺にご注意ください

 

最近、当社名称及び当社担当者を名乗り、融資を前提に保証金などの名目で金銭を振込させて詐取しようとする事象が発生しております。

 

当社が、ご契約前に金銭を要求することは一切ございませんので、くれぐれもご注意下さるようお願い致します。

 

記載の通り、正規のキャッシングサービスが契約前に金銭を求めることはありません。

 

そして消費者金融から案内が届いた場合、しっかりと住所や登録番号などを確認。「登録貸金業者情報検索入力ページ」に記載している情報と同じかどうか確認する必要があります。

 

また借入れの申込みをするのであれば、公式サイトから申込むことが一番安全です。

 

アローの公式サイトを見る

8.【まとめ】アローの評価

大手金融会社では出来ない柔軟な審査とスピーディーな対応に定評のあるアロー。

 

来店不要でインターネットで全て完結出来るので、利便性もあります。

 

再利用出来る環境が整っているので、まずは少額を借りてアロー側の信頼を得た後、徐々に借入額を増やすということも出来ますね。

 

また「おまとめローン」の候補の一つとしても検討しておきたいところ。

 

複数の借入れで苦しんでいる場合は、借り換えローンの活用も考えておくべきでしょう。

 

公式サイトへのボタン

 

おすすめ記事

 

スポンサーリンク

先月のご利用者数ランキング

アイフル 初回は最大30日間無利息で融資
【種類】無担保型フリーローン 
【対応エリア】全国
【実質年率】3.0%〜18.0%
【利用限度額】1千円〜800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は1万円〜

 

CMでもお馴染みの大手老舗キャッシングサービス。

申込みから最短30分で審査を実施。審査後は1時間で融資実行と非常にスピーディー。

初回利用者は、契約から30日間無利息で融資を受けられます。

詳細ページへのボタン
公式サイトへのボタン

日宝 不動産担保ローンで30年以上の信頼と実績
日宝のLP 【種類】不動産担保ローン 
【対応エリア】全国
【実質年率】4.0%〜9.9%
【利用限度額】50万円〜5億円

 

昭和55年創業の老舗。ネット申込みで全国どこでも融資を実施します。

不動産を担保に最大5億円までの借入れが可能。返済期間も最長30年と長期返済を行えます。

金利も安いので、「借り換えローン」「おまとめローン」としても有効です。

詳細ページへのボタン
公式サイトへのボタン

SMBCモビット SMBCモビットは2018年オリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました
【種類】無担保型フリーローン 
【対応エリア】全国
【実質年率】3.0%〜18.0%
【利用限度額】1万円〜800万円

 

SMBCグループのSMBCモビットで信頼性は業界随一。初心者でも安心です。

「WEB完結申込」では電話・メールのやりとりなしで、借り入れが可能。利便性に優れています。

SMBCモビットは2018年オリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました。

詳細ページへのボタン
公式サイトへのボタン

プラン 最短即日融資で月2千円からの返済も可能
プランのLP 【種類】無担保型フリーローン 
【対応エリア】全国
【実質年率】15.0%〜20.0%
【利用限度額】1万円〜50万円

 

大阪に店舗がありますが、インターネットから全国どこからでも24時間申込めます。

全国のセブンイレブンから契約書類を受け取ることが出来、スピーディーに対応。

10万円までの借入れの場合、最小で毎月2,000円から返済が可能となっています。

詳細ページへのボタン
公式サイトへのボタン

イー・キャンパス 学生向けの低金利に加え、キャンペーンも充実
イー・キャンパスのLP 【種類】学生ローン 
【対応エリア】全国
【実質年率】14.5%〜16.5%
【利用限度額】1万円〜50万円

 

学生専門のキャッシングサービスとして20年以上の歴史。東京高田馬場に店舗を構え、24時間全国どこからでも申込みができます。

午前中までに申込みをしておけば、当日中の融資も可能。

学生向けに低金利で融資を行っているのに加え、「ご当地巡りキャンペーン」「お友達紹介キャンペーン」など各種キャンペーンが充実しています。

詳細ページへのボタン
公式サイトへのボタン


スポンサーリンク